インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

新型コロナウイルス肺炎

Tagged
[新型コロナFactCheck] 大阪府の吉村知事「保健所の削減は太田府政時代」はミスリード

[新型コロナFactCheck] 大阪府の吉村知事「保健所の削減は太田府政時代」はミスリード

新型コロナウイルス対策でその存在感を示している大阪府の吉村洋文知事。この吉村知事自身が4月「保健所の削減は太田府政時代」とツイッターに書き込んだ。橋下府政から吉村府政につながる維新府政の前の太田府政で保健所のリストラが行われたという印象を与える内容だが、これは事実ではなく誤解を与えるものだ。(立岩陽一郎)
[新型コロナFactCheck] 「WHOが方向転換『感染者の隔離は不要』」は誤り

[新型コロナFactCheck] 「WHOが方向転換『感染者の隔離は不要』」は誤り

世界保健機構(WHO)が「急に方向転換」して「新型コロナ感染者の隔離は必要ない」「感染者から感染もしない」などと発表したとのツイートが日本を含めて世界で拡散したが、これは誤りだ。拡散の引き金となった英文のツイートは表示されなくなっている。(立岩陽一郎、大船怜)
[新型コロナFactCheck] 「日本政府が外国人観光客の旅費半額を補助」は不正確 海外でも拡散

[新型コロナFactCheck] 「日本政府が外国人観光客の旅費半額を補助」は不正確 海外でも拡散

日本政府が新型コロナウイルスで落ち込んだ観光客を呼び戻すために、補正予算で「Go To キャンペーン」を実施することを決めたが、外国人の旅費の半額を補助するという情報が海外で拡散した。来日渡航費を補助するものではないが、外国人の国内旅行の一部は補助の対象となることがわかった。(楊井人文)
[新型コロナFactCheck] 麻生大臣の国会発言 「民度の違い」を理由に「死亡者数が欧米より少ない」はミスリード

[新型コロナFactCheck] 麻生大臣の国会発言 「民度の違い」を理由に「死亡者数が欧米より少ない」はミスリード

麻生太郎財務大臣は国会で、日本の新型コロナウイルス感染死亡者数は少ないとして「(諸外国とは)国民の民度のレベルが違う」からと発言し、それは海外でも報じられた。民度とはそもそも根拠不明な言説だが、その議論の前提となる事例について語る際、麻生大臣は不都合な真実には触れていなかった。(立岩陽一郎)
[新型コロナFactCheck] 「(6月中旬)東京都が桁違いに検査数を増やした」は本当か?

[新型コロナFactCheck] 「(6月中旬)東京都が桁違いに検査数を増やした」は本当か?

東京都で行われている新型コロナウイルス検査について、「こんなに桁違いに検査数を増やした」などとするグラフ画像付きの投稿が拡散した。だが、元のデータの集計方法が大きく変更されたことによるもので、最近になってPCR検査数が桁違いに急増したという事実はない。(楊井人文、大船怜)
[新型コロナFactCheck] 「新型コロナウイルス、高温多湿と紫外線が大嫌い」断定はミスリード

[新型コロナFactCheck] 「新型コロナウイルス、高温多湿と紫外線が大嫌い」断定はミスリード

白鴎大学の岡田晴恵教授がテレビ朝日「モーニングショー」で、新型コロナウイルスは高温多湿と紫外線に弱いので夏場に下火になると話した。そう指摘する研究報告もある一方で、異なる見解の報告も出ている。WHOは「新型コロナはどれだけ日光があろうが、気温が高かろうが感染する」と警告を出しており、高温多湿の東南アジアでの感染拡大も続...
[新型コロナFactCheck] 「アベノマスクの不良品たったの12枚」はミスリード 妊婦向けは4万7千枚

[新型コロナFactCheck] 「アベノマスクの不良品たったの12枚」はミスリード 妊婦向けは4万7千枚

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、政府が各世帯や妊婦・子供向けに配布すると発表した布マスクに不良品が見つかったと指摘された問題について、不良品は「たったの12枚」であったかのような情報がネットで拡散したが、これは全戸向けのみの数で、先に配布された妊婦用マスクの不良品数が含まれておらず、ミスリーディングだ。(大船...
[新型コロナFactCheck] 東京のPCR検査数 「5月19日はたった48人」は誤情報 実際は「975人」

[新型コロナFactCheck] 東京のPCR検査数 「5月19日はたった48人」は誤情報 実際は「975人」

テレビ朝日の情報番組「モーニングショー」で東京都のPCR検査について誤った報道をしてコメンテーターが謝罪したことは記憶に新しいが、相変わらず東京都のPCR検査数については誤った情報が拡散している。5月19日と20日の検査数がそれぞれ数十件と少なかったことを指摘したものもそのうちの一つだ。(立岩陽一郎)
Return Top