インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

最新記事

司法が認めた沖縄戦の実態⑤ 砲弾や爆風などで1日10人ぐらいの人が亡くなった

司法が認めた沖縄戦の実態⑤ 砲弾や爆風などで1日10人ぐらいの人が亡くなった

沖縄戦の被害について国の責任を求めた裁判で、2018年、最高裁判所は、国の責任は認めなかったものの、沖縄戦の被害については原告の訴えを認める判決を出した。つまり司法が沖縄戦の悲惨な実態を認めたということだ。では、裁判所が認めた沖縄戦の実態とはどういうものだったのか。この裁判をフォローしてきたジャーナリストがシリーズで伝...
[新型コロナFactCheck] 大阪府の吉村知事「保健所の削減は太田府政時代」はミスリード

[新型コロナFactCheck] 大阪府の吉村知事「保健所の削減は太田府政時代」はミスリード

新型コロナウイルス対策でその存在感を示している大阪府の吉村洋文知事。この吉村知事自身が4月「保健所の削減は太田府政時代」とツイッターに書き込んだ。橋下府政から吉村府政につながる維新府政の前の太田府政で保健所のリストラが行われたという印象を与える内容だが、これは事実ではなく誤解を与えるものだ。(立岩陽一郎)
ジャーナリズム信頼回復のための提言 原案全文

ジャーナリズム信頼回復のための提言 原案全文

今年5月発覚した新聞記者と東京高検検事長の「賭け麻雀」問題を受け、ジャーナリズム信頼回復のための提言が7月10日、南彰新聞労連委員長ら6名の発起人により発表された。インファクトの立岩陽一郎編集長も賛同人に名を連ねたが、楊井人文共同編集長は賛同人から辞退した。6月上旬の原案は、現在のマスメディアのあり方について本質的な問...
[新型コロナFactCheck] 「WHOが方向転換『感染者の隔離は不要』」は誤り

[新型コロナFactCheck] 「WHOが方向転換『感染者の隔離は不要』」は誤り

世界保健機構(WHO)が「急に方向転換」して「新型コロナ感染者の隔離は必要ない」「感染者から感染もしない」などと発表したとのツイートが日本を含めて世界で拡散したが、これは誤りだ。拡散の引き金となった英文のツイートは表示されなくなっている。(立岩陽一郎、大船怜)
「虎ノ門ニュース」で事実と異なる発言 訂正申入れ

「虎ノ門ニュース」で事実と異なる発言 訂正申入れ

 7月10日放送のインターネットテレビ番組「虎ノ門ニュース」(DHCテレビ)で、当サイトのファクトチェック記事「[新型コロナFactCheck] 「PCR検査は風邪も検出」と誤った主張の動画が拡散」が取り上げられました。その際、武田邦彦氏が勤める大学等に抗議等が寄せられ、あたかもインファクトの関係者が関与したかのような...
[新型コロナFactCheck] 「日本政府が外国人観光客の旅費半額を補助」は不正確 海外でも拡散

[新型コロナFactCheck] 「日本政府が外国人観光客の旅費半額を補助」は不正確 海外でも拡散

日本政府が新型コロナウイルスで落ち込んだ観光客を呼び戻すために、補正予算で「Go To キャンペーン」を実施することを決めたが、外国人の旅費の半額を補助するという情報が海外で拡散した。来日渡航費を補助するものではないが、外国人の国内旅行の一部は補助の対象となることがわかった。(楊井人文)
Return Top