インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

Play/Pause

最新記事

【新田義貴のウクライナ取材メモ2024① 再び彼の地へ】

【新田義貴のウクライナ取材メモ2024① 再び彼の地へ】

2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻は長期化の様相を見せている。侵攻から2年の節目を前に、去年6月に始まったウクライナ軍による反転攻勢は大きな成果を上げることができないまま戦線は膠着状態が続いていた。そんな中、現地からは政権内部の様々な不協和音も聞こえてきていた。「いったい今ウクライナで何が...
【FactCheck】「家が全壊した人への補償より旅行支援のほうが高い」は誤り

【FactCheck】「家が全壊した人への補償より旅行支援のほうが高い」は誤り

能登半島地震から1ヵ月余経っても被災者が厳しい状況に置かれている。こうした中、被災者支援より能登半島への旅行支援の方が金額が大きいという情報がネットで拡散した。しかしこれは誤りだ。 対象言説 「家が全壊した人への補償より旅行支援のほうが高い国」 X(2024年1月25日) 結論 【誤り】 「家が全壊した人への補償より旅...
【FactCheck】裏金問題「収支報告を訂正」報道はミスリード

【FactCheck】裏金問題「収支報告を訂正」報道はミスリード

安倍派、二階派が派閥の政治資金パーティーで得た収入をキックバックして所属議員が裏金としていた問題で報道各社は両派が政治資金収支報告書を訂正したことを報じている。しかしこの「訂正」は、訂正と言える内容ではなく、単なる再提出に過ぎない。各社の報道は誤報に近いミスリードだ。 対象言説 「自民 安倍派 おととしまでの3年間の収...
【FactCheck】「キックバック自体は問題ない」報道はミスリード

【FactCheck】「キックバック自体は問題ない」報道はミスリード

自民党の安倍派などで議員がキックバックを受けていた事件で、多くのメディアで「キックバック自体は問題ない」とする報道がなされている。しかし、これは正確さを欠く表現であり、ミスリードだ。 対象言説 「キックバック自体は問題ない」とするメディアの報道 一例)「不記載3500万円以上」だけ立件されたのはなぜ? 「共謀」を認定す...
【FactCheck】「政策活動費は記載しなくて良い」は不正確

【FactCheck】「政策活動費は記載しなくて良い」は不正確

自民党・安倍派(清和政策研究会)などの政治資金パーティーをめぐって東京地検特捜部が強制捜査に乗り出した事件で、メディアに出る識者から、党本部から支払われる政策活動費については記載する必要がないとの趣旨の発言が聞かれる。メディアもそう報じている。しかし、「政策活動費」について法に定めが有るわけではなく、政党から政治家個人...
【Fact Check】パーティー収入自体はいくら得ようとも問題無い?

【Fact Check】パーティー収入自体はいくら得ようとも問題無い?

自民党・安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティーをめぐる問題で、パーティーによって収入を得ること自体はいくら得ても問題ではないという指摘が度々なされている。しかしこれはミスリードだ。 対象言説「政治団体がパーティー収入をいくら得ようとも問題無い」 結論 【ミスリード】 InFactはレーティングをエンマ大王で示して...
【FactCheck】パーティー収入は違法な企業献金ではないのか?

【FactCheck】パーティー収入は違法な企業献金ではないのか?

安倍派の政治資金パーティーの収入がキックバックされて政治家の裏金になっていた疑いがもたれている事件は、東京地検特捜部が政治家個人を対象とした強制捜査に乗り出したことで捜査の行方ばかりが注目される。InFactは事の発端となった政治資金パーティーにこだわりたい。 InFactは、このパーティー収入が実際には違法な企業献金...
【Fact Check】政治資金収支報告書は全てオンラインで確認できる?

【Fact Check】政治資金収支報告書は全てオンラインで確認できる?

自民党・安倍派(清和政策研究会)などの政治資金パーティーをめぐる事件で、政治資金収支報告書の存在がクローズアップされている。この報告書について、オンラインで全て確認することができるとの指摘がテレビ番組で識者からなされることがあるが、これは誤りだ。 対象言説 「政治資金収支報告書は全てオンラインで確認できる」 結論 【誤...
【Fact Check】震度5は無いのか?

【Fact Check】震度5は無いのか?

InFact編集長の立岩陽一郎がテレビの情報番組で「震度5弱と震度5は被害が大きく異なる」と発言。それについて「震度5はない」との批判が寄せられた。実は「震度5」はなく、編集長の発言は「誤り」だ。 対象言説 「震度5弱と震度5は被害が大きく異なる」 結論  【誤り】 かつて「震度5」はあったが、現在の震度は震度0から7...
【Fact Check】ファウチ博士は、「社会的距離のルールは科学的根拠ゼロ」と発言したのか?

【Fact Check】ファウチ博士は、「社会的距離のルールは科学的根拠ゼロ」と発言したのか?

トランプ・バイデン両政権でコロナ対応を指揮した、アンソニー・ファウチ博士が米下院特別小委員会で、「6フィートの社会的距離のルールは完全にでっち上げであり、科学的根拠はゼロである」と認めたとの言説がX(旧Twitter)で拡散している。ファウチ氏はそのような発言をしたのか確認した。 対象言説 1月9日、ファウチは米下院特...
Return Top