インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

Play/Pause

最新記事

「欧州でガソリン発電EV充電器が流行」などの画像が拡散 相次ぐ類似の誤情報

「欧州でガソリン発電EV充電器が流行」などの画像が拡散 相次ぐ類似の誤情報

ネット上で、「ヨーロッパなどでガソリンで発電機を動かし電気自動車(EV)を充電するのが流行している」などとする画像付きのツイートやまとめサイト記事が相次いで広まった。中には著名人が拡散に携わったものもある。それらをファクトチェックすると、誤りだったり正確性に欠ける情報だった。(大船怜) チェック対象①欧米はガソリンで動...
【司法が認めた沖縄戦の実態⑰】住民を巻き込んだ無差別爆撃で壊滅した那覇

【司法が認めた沖縄戦の実態⑰】住民を巻き込んだ無差別爆撃で壊滅した那覇

沖縄戦ではアメリカ軍が民間人をも巻き込む無差別爆撃を盛んに行い、それによって那覇市は壊滅している。しかし自らも中国大陸で無差別爆撃を行っていた日本政府は国際社会にアメリカ軍の非人道的な行為を訴えることができなかった。(文箭祥人) アメリカ軍が沖縄本島に上陸するおよそ半年前、1944年10月10日、那覇市はアメリカ軍の空...
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

総理の挨拶文は広島市に保管されていた。そこには、のりが付着した痕跡も、はがそうとした跡も無かった。「のりが付着してはがれず」という政府の説明はなぜ行われたのか?ジャーナリストは更に取材を進めた。(文・写真/宮崎園子) 保管される総理の挨拶文  今年8月6日朝、広島市であった平和記念式典で、菅義偉首相が挨拶の重要部分を読...
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

自民党の新総裁に岸田文雄氏が選ばれ、10月4日に開かれる臨時国会で総理大臣に任命されるのが確実となった。菅義偉総理の任期終了が秒読みとなったわけだが、それで全ての問題を忘れるとはならない。その1つが、岸田氏の地盤でもある広島で起きている。あの被爆者を慰霊する式典での挨拶の「読み飛ばし」だ。のりが付着していたから読み飛ば...
「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

ヘイトとデマが横行する日本の社会を告発した「DHC『ニュース女子』裁判」。一審判決は番組を厳しく批判した。しかし、勝訴したはずの原告の辛(シン)淑玉(スゴ)さんに笑顔はなく、敗訴した番組側は勝ったかの様に振る舞っていた。その異様さは今の日本社会の縮図なのか?この問題を追い続けるテレビ・ディレクターが迫った。(文・写真/...
自民党総裁選 4候補の資金力【政治と金の研究⑨】

自民党総裁選 4候補の資金力【政治と金の研究⑨】

自民党の総裁選は4候補による討論会が連日開かれている。そこで、InFactは少し違う観点から4候補を見てみたい。政治資金だ。誰がどう資金を集め、どう使っているのか?(立岩陽一郎) 資金力トップは岸田氏 これまで政治資金収支報告書(以後、収支報告書)の分析から、自民党などの表に出ない金の存在を伝えてきた。勿論、この収支報...
[Factcheck]「フランス政府 9月からは保護者の同意なしに子どもたちにワクチンを接種する予定 親が同意しない場合は、3万ユーロの罰金と2年間の懲役」は誤り

[Factcheck]「フランス政府 9月からは保護者の同意なしに子どもたちにワクチンを接種する予定 親が同意しない...

国内の多くの施設に入場するにあたり「ワクチン接種証明」「陰性証明」「治癒証明」のいずれかを意味するQRコード付きの証明書「衛生パス」の提示を必須にし、大きな波紋を呼んだフランス政府。そのフランス政府が、保護者の同意なしに子どもたちにワクチンを接種すると言う情報が拡散した。しかも、親が同意しない場合は3万ユーロの罰金と2...
二階幹事長の「表の金」から透けて見える「闇の金」の実態【政治と金の研究⑧】

二階幹事長の「表の金」から透けて見える「闇の金」の実態【政治と金の研究⑧】

幹事長就任から2019年までで37億円もの巨額な「政策活動費」を受け取る自民党の二階幹事長。それは使途が明かされない「闇の金」だ。その巨額さは二階幹事長の「表の金」を見ると明らかだ。そしてそこから実態も透けて見える。(立岩陽一郎/グラフィック:中堀努) 政治資金収支報告書とは 自民党の二階俊博幹事長に党本部から流れて消...
二階幹事長に流れた「政策活動費」の使途 関係者が重い口を開いた【政治と金の研究⑦】

二階幹事長に流れた「政策活動費」の使途 関係者が重い口を開いた【政治と金の研究⑦】

これまで2回にわたって各党が「政策活動費」などとして有力議員などに資金を出していた実態を見てきた。自民党の二階俊博幹事長にいたっては2019年だけでその額は10億円を超え、幹事長就任から総額37億円超にのぼることも伝えた。使途のわからない「闇」の資金。その使途を自民党関係者が明かした。(立岩陽一郎/冒頭写真は自民党本部...
Return Top