インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

最新記事

【危機の東アジア】弾圧の中で取材を続けるミャンマー人記者たち 

【危機の東アジア】弾圧の中で取材を続けるミャンマー人記者たち 

国軍によるクーデターへの抗議が続くミャンマーでは19日、抗議デモに参加していた20歳の女性が死亡した。女性は今月9日にデモに参加した際、治安当局に発砲され重体の状態が続いていた。緊迫の度合いを強めるミャンマー情勢について、フィリピンを中心に東南アジアでの取材経験が長い鈴木貫太郎が伝える(取材:鈴木貫太郎/写真:現地女性...
【日本学術会議問題】公文書に残る政府弁明の変遷①

【日本学術会議問題】公文書に残る政府弁明の変遷①

菅総理が推薦された6名の任命を事実上拒否した日本学術会議は、今も定員を満たさない状態が続いている。菅総理はその拒否の理由を明らかにせず、組織に問題が有るとして追及をかわそうとしているが、そもそも、総理大臣は学術会議が推薦した研究者の任命を拒否できるのかについては議論を避けている。これについて共産党の田村智子議員が内閣府...
沖縄・防衛隊の悲劇【司法が認めた沖縄戦の実態⑨】

沖縄・防衛隊の悲劇【司法が認めた沖縄戦の実態⑨】

沖縄戦では地元沖縄県民も防衛隊として戦地に投入された。そして多くが戦死。しかし戦後、その証明が出来ずに国の援護が受けられない人もいる。(文箭祥人) 沖縄戦当時、16歳だった原告の崎山朝助さん。沖縄戦が始まる前、母のマドが病死し、父の朝明は戦死した。 朝助さんにきょうだいはなく、戦争孤児になった。父と息子には共通点がある...
[FactCheck] 入院拒否に懲役刑 菅首相答弁「全国知事会が罰則を求めた」はミスリード

[FactCheck] 入院拒否に懲役刑 菅首相答弁「全国知事会が罰則を求めた」はミスリード

菅義偉首相が入院拒否患者に対する懲役刑の導入は全国知事会の緊急提言を踏まえた方針だと説明した。たしかに、全国知事会からの緊急提言に罰則の創設を求める提言はあるものの、懲役刑までは言及されておらず、この答弁はミスリードだ。(立岩陽一郎)
《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.67/2021.1.24)

《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.67/2021.1.24)

反バイデンの情報拡散を制裁する2018年大統領令インターネット上で話題になった“要注意”情報を、週1回まとめてお届けします。紹介するのは、他のメディアなど第三者が調査・検証したものも含みます。(大船怜=ネット上の情報検証まとめ管理人) (1)「大統領令でトランプ勝ち」 日付 1/12 発信者 もえるあじあ(まとめサイト...
Return Top