インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

ジャーナリズム

Category
「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

ヘイトとデマが横行する日本の社会を告発した「DHC『ニュース女子』裁判」。一審判決は番組を厳しく批判した。しかし、勝訴したはずの原告の辛(シン)淑玉(スゴ)さんに笑顔はなく、敗訴した番組側は勝ったかの様に振る舞っていた。その異様さは今の日本社会の縮図なのか?この問題を追い続けるテレビ・ディレクターが迫った。(文・写真/...
【コロナの時代】ワクチンのファクト③重篤事例で「回復」したのは半数以下

【コロナの時代】ワクチンのファクト③重篤事例で「回復」したのは半数以下

これまで、重篤な副反応の多くが女性に発生していることや、副反応には様々な症例が存在していることを明らかにした。今回は、医師が「関連あり」と判断した重篤事例の回復状況について検討する。重篤な副反応が発生した後、症状は回復しているのだろうか。調べると回復したのは半数以下だった。(田島輔) 心筋炎と診断された男性カメラマン ...
【コロナの時代】ワクチンのファクト②「アナフィラキシー」以外にも様々な重篤事例の報告 

【コロナの時代】ワクチンのファクト②「アナフィラキシー」以外にも様々な重篤事例の報告 

前回の記事では、コロナワクチン接種後の重篤な副反応が、若い女性に多く発生していることを明らかにした。では、具体的にどのような重篤な副反応が発生しているのだろうか。前回と同様、重篤な「副反応疑い」事例の中で、医師がワクチン接種との間に「関連あり」と判断した重篤事例についてその内容を調べた。その結果、頻繁に報じられている「...
【コロナの時代】ワクチンのファクト①圧倒的に若い女性に多い重篤な副反応

【コロナの時代】ワクチンのファクト①圧倒的に若い女性に多い重篤な副反応

日本では今年2月から新型コロナワクチンの接種が始まったが、8月23日時点で、少なくとも1回以上ワクチンを接種した人の数は6653万4506人となり、全人口の52.3%となった。ワクチン接種には副反応のリスクが存在するが、政府は、「症状の大部分は、接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます」...
【コロナの時代】菅総理会見の裏で起きている事実

【コロナの時代】菅総理会見の裏で起きている事実

5月28日の菅総理の会見。従来の質疑に比べて意味の有る内容だった。InFactは安倍総理当時の記者会見を問題を指摘してきたが、その頃に比べればマシになってはいるという印象だ。しかし、問題が無いかと言えば、それは違う。日本のリーダーの記者会見としては、依然としておかしなものとなっている。参加できる記者数を特定の社以外につ...
Return Top