インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

社会

Category
【司法が認めた沖縄戦の実態⑰】住民を巻き込んだ無差別爆撃で壊滅した那覇

【司法が認めた沖縄戦の実態⑰】住民を巻き込んだ無差別爆撃で壊滅した那覇

沖縄戦ではアメリカ軍が民間人をも巻き込む無差別爆撃を盛んに行い、それによって那覇市は壊滅している。しかし自らも中国大陸で無差別爆撃を行っていた日本政府は国際社会にアメリカ軍の非人道的な行為を訴えることができなかった。(文箭祥人) アメリカ軍が沖縄本島に上陸するおよそ半年前、1944年10月10日、那覇市はアメリカ軍の空...
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

総理の挨拶文は広島市に保管されていた。そこには、のりが付着した痕跡も、はがそうとした跡も無かった。「のりが付着してはがれず」という政府の説明はなぜ行われたのか?ジャーナリストは更に取材を進めた。(文・写真/宮崎園子) 保管される総理の挨拶文  今年8月6日朝、広島市であった平和記念式典で、菅義偉首相が挨拶の重要部分を読...
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

自民党の新総裁に岸田文雄氏が選ばれ、10月4日に開かれる臨時国会で総理大臣に任命されるのが確実となった。菅義偉総理の任期終了が秒読みとなったわけだが、それで全ての問題を忘れるとはならない。その1つが、岸田氏の地盤でもある広島で起きている。あの被爆者を慰霊する式典での挨拶の「読み飛ばし」だ。のりが付着していたから読み飛ば...
「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

「記録する闘い」 DHC『ニュース女子』一審判決が問いかける今

ヘイトとデマが横行する日本の社会を告発した「DHC『ニュース女子』裁判」。一審判決は番組を厳しく批判した。しかし、勝訴したはずの原告の辛(シン)淑玉(スゴ)さんに笑顔はなく、敗訴した番組側は勝ったかの様に振る舞っていた。その異様さは今の日本社会の縮図なのか?この問題を追い続けるテレビ・ディレクターが迫った。(文・写真/...
【コロナの時代】ワクチンのファクト③重篤事例で「回復」したのは半数以下

【コロナの時代】ワクチンのファクト③重篤事例で「回復」したのは半数以下

これまで、重篤な副反応の多くが女性に発生していることや、副反応には様々な症例が存在していることを明らかにした。今回は、医師が「関連あり」と判断した重篤事例の回復状況について検討する。重篤な副反応が発生した後、症状は回復しているのだろうか。調べると回復したのは半数以下だった。(田島輔) 心筋炎と診断された男性カメラマン ...
Return Top