インファクト

 調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

「政治とカネ」監視目指す「政治資金センター」が公益法人に 全政治家のデータ公開が目標

政治資金については、総務省、都道府県で議員が提出した政治資金収支報告書の閲覧が可能だが、手続きに手間がかかる上、過去3年分しか公開の対象となっておらず、それ以前のデータは閲覧ができない状態となっている。「政治資金センター」のデータベースでは、過去にさかのぼって政治資金の内容を確認できる上、どのような企業、団体、人物がどの政治家を支援しているのかも検索して調べることが可能となる。

公益法人に認定されれば「政治資金センター」への寄付は経費として認められることになる。「政治資金センター」はデータをすべて無料で公開することにしており、広範に寄付を募っていく方針で、既に団体や個人から寄付の申し出が来ているという。

「政治資金センター」は市民団体の「政治資金オンブズマン」などで「政治と金」の問題を長年調査してきた弁護士、公認会計士、学者、ジャーナリストがメンバーとなって活動することになっているが、今後、全国にサポーターを増やしたいとしている。

政治資金センター」の松山治幸理事長は、アイ・アジアの取材に対して次の様なコメントを寄せた。

「政治資金の透明性をより高めることにより、政治資金の公正性を確保するという事業の公益性が認められたものと思います。公益に資することを常に心がけ、『政治資金センター』の事業を継続してまいる所存です」

Return Top