インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

政治( 5 )

Category
【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月6日)

【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月6日)

加藤官房長官は、日本学術会議の推薦どおりに首相が任命する義務はないとする2018年11月作成の内閣府見解文書について、政府の考え方を整理したもので、解釈を変更したものではないと強調した。(インファクト編集部)
【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月5日)

【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月5日)

日本学術会議からも説明を求める声が高まる中、加藤官房長官は「公務員を選定し、罷免することは国民固有の権利である」との憲法15条の規定に言及し、1983年の「形式的任命」との政府答弁時の解釈と変わったわけではないと説明した。(インファクト編集部)
【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月2日)

【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月2日)

加藤官房長官は日本学術会議が推薦した会員候補6名を任命しなかった理由について、人事について話せることに限界があるとして任命を見送った個人名も含めて明言せず、任命の見直しを行う考えもないことを明らかにした。(インファクト編集部)
【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月1日)

【日本学術会議問題】加藤官房長官会見(10月1日)

菅義偉首相が日本学術会議の会員6名の任命を拒否した問題について注目が集まっている。加藤官房長官は2004年以降、日本学術会議の推薦者より任命者が少ないという事例は承知していないが、政府の任命に対するスタンスは変わっていないとの認識を示した。(インファクト編集部)
愛知県選管、リコール署名簿縦覧で全体の閲覧を認める方針 個人情報保護に限界

愛知県選管、リコール署名簿縦覧で全体の閲覧を認める方針 個人情報保護に限界

愛知県で大村秀章知事に対するリコール(解職)を求める署名活動が行われている中、県の選挙管理委員会が、署名簿の縦覧を実施する場合、有権者から要求があれば署名簿全体の縦覧を拒否しない方針を固めたことがわかった。選管は個人情報保護に配慮して全体の縦覧を拒否する運用も検討していたが、法制度上、不可能と判断した。(楊井人文、田島...
Return Top