インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

社会( 25 )

Category
NHK籾井会長社内誌で「受信料の公平負担の徹底に向け、最大限努力」  ハイヤー流用疑惑に職員もあきれと怒りの声  

NHK籾井会長社内誌で「受信料の公平負担の徹底に向け、最大限努力」  ハイヤー流用疑惑に職員もあきれと怒りの声  

NHKの社内誌「Network」表紙 NHKが業務用に利用しているハイヤーを私的なゴルフに使ったことが発覚した籾井勝人会長。年度初めの社内誌で、「NHKは受信料制度の上に成り立っていますので、まずは『視聴者の皆さまにとって何が一番大切か』ということを常に意識しながら、仕事をしていく必要があると考えています」と職員に向け...
拉致の記憶~蓮池兄がたどる拉致事件②

拉致の記憶~蓮池兄がたどる拉致事件②

忽然と消えた弟。弟には付き合っていた女性がおり、その女性も一緒に姿を消したという。直ぐに戻ってくるだろうとの思いが、時が経つについて焦燥感に変わってきた。そして警察への相談…。被害者家族として救出活動を担った蓮池透が、拉致問題の知られざる記憶を綴る連載の第二弾。 ●捜索願い 1978年7月31日に薫ら2人が...
思い出の家族スキー。左から、母、妹、父、筆者、薫氏。赤倉温泉スキー場にて1975年

拉致の記憶~蓮池兄がたどる拉致事件

●弟がいなくなった 弟の薫がいなくなったのは、忘れもしない1978年7月31日のことである。弟は東京の中央大学法学部の3年生で、夏休みを利用して、新潟県柏崎市の実家に10日間程度の予定で帰省していた最中だった。私はそのときは東京電力株式会社福島第一原子力発電所に勤務していたので、柏崎では弟に会っていない。 私たちは3人...
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(6)  立岩陽一郎

サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(6)  立岩陽一郎

◇「被害者の声に耳を傾けて」支援の医師 韓国のサムスン電子の半導体工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースが相次いでいる事件を追ったシリーズ。被害者の救済に乗り出した医師らは、「これは氷山の一角だ」と話した。 白い作業服を着用したキフン工場の従業員(パノリム提供) 工場見学は興味深いものだったが、すでに内部...
サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(5)  立岩陽一郎

サムスン電子の工場でなぜ白血病は多発したのか?(5)  立岩陽一郎

◇サムソンは取材に応じたが・・・ 韓国のサムスン電子の半導体工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースが相次いでいる事件を追ったシリーズ。取材に応じたサムスン電子は、工場に問題は無いと説明した。 本社ビルを撮影したら”尋問”された この取材を進める上で最も重要だったのが、サムスン電子へ...
Return Top