インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

Page 4

【Fact Check】「安全基準を満たしている処理水」の「安全」は十分に開示されているのか

【Fact Check】「安全基準を満たしている処理水」の「安全」は十分に開示されているのか

「安全基準を満たした上で、放出する総量も管理して処分するので、環境や人体への影響は考えられません」などと説明するのは「ALPS処理水って何?本当に安全なの?」と題した経済産業省のサイトだ。東京電力福島第一原子力発電所から出る「処理水」の海洋放出が始まり、政府は上記のように「安全」を強調するが、中国は日本の海産物の輸入を...
ウクライナの日本人牧師【新田義貴のウクライナ取材メモ⑧ 】

ウクライナの日本人牧師【新田義貴のウクライナ取材メモ⑧ 】

戦乱のウクライナで避難者らを支援する日本人牧師に出会った新田義貴。牧師は危険をいとわずに支援物資を現地の人々に配る取り組みを続けていた。牧師の取り組みと思いを取材した。(取材/写真:新田義貴) 6月28日、カホフカダム破壊による洪水被害の取材を続けていた僕は、被災者救援の拠点となっているキリスト教会を訪れた。ヘルソン郊...
「新型コロナワクチン広報プロジェクト」の「外部有識者」が「インフルエンサー」である怪【ワクチンのファクト㉒】

「新型コロナワクチン広報プロジェクト」の「外部有識者」が「インフルエンサー」である怪【ワクチンのファクト㉒】

政府が新型コロナのワクチン接種を進めるために取り組む「ワクチン広報プロジェクト」には「外部有識者」と呼ばれるブレーンが存在しているが、その「外部有識者」が「医療系インフルエンサー」であることが明らかになった。ワクチンの専門性よりも影響力が重視されたという疑惑が浮上している。(田島輔) 「随意契約」による契約締結 InF...
【Fact Check】岸田首相が「人口の9割が外国人でも問題ない」と発言は「誤り」

【Fact Check】岸田首相が「人口の9割が外国人でも問題ない」と発言は「誤り」

対象言説 ツイッター速報~BreakingNewsが、7月23日付で【動画あり】「自民党・岸田『人口の9割が外国人でも問題ない』」と発信した。 結論 【誤り】 岸田首相は、外国人の受け入れは大きな課題であり、共生社会を考えていくと話した。ただ共生の仕方は世界様々で、人口の9割が外国人の国もあると例を挙げた上で、日本の状...
【Fact Check】岸田首相が「国民が将来のために貯めた大切なお金の強制的な拠出を要請」との記事は「誤り」

【Fact Check】岸田首相が「国民が将来のために貯めた大切なお金の強制的な拠出を要請」との記事は「誤り」

対象言説 「『皆様にお力添えを頂きたい』国民が将来のために貯めた大切なお金の強制的な拠出を要請」と岸田首相が発言したとする記事(News Everyday6月24日付け) 結論 【誤り】 岸田首相は、全国信用金庫大会においていわゆる貯蓄を投資への動きを促す発言を行ない、信用金庫に対して「皆様にお力添えを頂きたい」と話し...
ゼレンスキーは英雄なのか?【新田義貴のウクライナ取材メモ⑦】

ゼレンスキーは英雄なのか?【新田義貴のウクライナ取材メモ⑦】

「僕はゼレンスキーが嫌いだ」。ジャーナリストのセルヘイはそう言った。ゼレンスキーを英雄視することが当然視されるメディアの状況は日本でもウクライナでも同じだ。彼は英雄なのか?セルヘイの言葉は新田義貴に突き刺さった。(文/写真:新田義貴) 6月26日、ニコポリでの原発関連取材を終えての帰途、クリヴィー・リフという町で遅い食...
女子青年団員は戦場に投げ出された【司法が認めた沖縄戦の実態㉘】

女子青年団員は戦場に投げ出された【司法が認めた沖縄戦の実態㉘】

銃後の守りのために結成された大日本婦人会と統合された沖縄の女子青年団。本土では銃後の守りだったが、沖縄では戦場、しかも最前線に放り込まれることになる。(取材/文箭祥人) 「兵隊のいるところに行って、畑仕事や飛行場作りで夜通し働きました」 原告の嘉数ノブさんは沖縄戦前を振り返って、こう陳述書に書いている。嘉数さんは沖縄県...
【新田義貴のウクライナ取材メモ③】洪水被害の町ヘルソンへ

【新田義貴のウクライナ取材メモ③】洪水被害の町ヘルソンへ

ロシア軍による侵略の中で起きたウクライナの洪水被害。新田義貴は洪水の被害を取材に向かった。(文/写真:新田義貴) 6月23日午前7時、夜行列車はウクライナ南部の町ミコライウに到着。取材地のヘルソンのひとつ前の町だ。 当初はヘルソンの市内に宿泊することも考えたが通訳のセルヘイの判断で、ロシア軍による爆撃が激しくネット環境...
「原発占領地」で不安は戦慄に変わった【新田義貴のウクライナ取材メモ⑥】

「原発占領地」で不安は戦慄に変わった【新田義貴のウクライナ取材メモ⑥】

戦場と化すザポリージャ原発。歴史の教訓から学び続けてきたはずの人類は、再び愚行を繰り返すかもしれない。その新田の不安は原発を前にして戦慄に変わった。(文/写真:新田義貴) 6月下旬、ウクライナ南部で洪水被害を取材していた僕にはもうひとつ気がかりなことがあった。ロシア軍侵攻直後の去年3月から占領下にあるザポリージャ原子力...
【Fact Check】「自民党の高鳥修一議員『おなかが痛い生理だ』と発言した」は誤り

【Fact Check】「自民党の高鳥修一議員『おなかが痛い生理だ』と発言した」は誤り

6月13日の衆院本会議でLGBT法案の採決が行われた際、自民党の高鳥修一議員が本会議を退席した。退席理由を聞かれた高鳥議員が「お腹が痛い 生理だ」と発言したとの投稿がツイッター上で拡散したが、これは誤りだ。 対象言説 「お腹が痛い、生理だ」(Twitter、2023年6月13日) 結論 【誤り】 高鳥修一議員がこの一連...
Return Top