インファクト

 調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

トランプの米国とどう向き合うか? (3)~米トランプ新政権を揺るがすロシアとの関係

クラッパー長官が質問されたのは、ロシア政府がサイバー攻撃をアメリカの大統領選挙に絡んでしかけた可能性についてだった。クラッパー長官の答えは明確だった。クラッパー長官はオバマ政権の情報機関のトップ。CIA長官が情報を出す先でもあり、アメリカの情報機関の全ての情報を把握する立場にある。クラッパー長官は次の様にも話し、情報の信ぴょう性を強調。

「情報を判断する上で慎重であるべきという意味での懐疑主義は必要でしょうが、これと情報を信用せずにただ単に非難することとは区別すべきです。」

坊主頭が禅僧のようにも見えるクラッパー長官は、ゆっくりとした噛みしめるような口調で言葉を続けた。クラッパー長官の発言は次期大統領にとって好ましいものではない。

Return Top