インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

ファクトチェック( 6 )

Tagged
[FactCheck] 「ベストマザー賞の蓮舫 授与団体の特別顧問」はミスリード 受賞は2010年、その後に顧問就任

[FactCheck] 「ベストマザー賞の蓮舫 授与団体の特別顧問」はミスリード 受賞は2010年、その後に顧問就任

ジャーナリストの石井孝明氏が、立憲民主党の参議院議員・蓮舫氏について、「蓮舫がベストマザー賞って笑えたのだが、ググると、この団体の特別顧問が蓮舫だそうです」と投稿。あたかも蓮舫氏が自ら役職を務める団体から賞を与えられたかのような表現だが、実際は蓮舫氏の受賞は過去の出来事で、特別顧問就任はそれよりも後だ。(大船怜)(※追...
[FactCheck]小泉環境相が「生態系の破壊が進んでいる。人類の数は半分でいい」と発言したとの情報は誤り 二つの主張に因果関係はなく、発言内容を改変

[FactCheck]小泉環境相が「生態系の破壊が進んでいる。人類の数は半分でいい」と発言したとの情報は誤り 二つの主張に因果関係はなく、発言内容を改変

小泉進次郎環境相が「生態系の破壊が進んでいる。生物多様性のために社会を再構築する必要がある。 人類の数は半分でいい」と発言したという情報がツイッターまとめサイトで拡散している。今年3月に公開された報告書の内容と2016年の講演会での発言を根拠なく繋げたもので、 実際は二つの主張に因果関係はない。(武藤珠代)
[FactCheck] バイデン大統領就任後、カリフォルニア州で11歳以上の未成年者との性行為が合法化? 誤った情報が拡散

[FactCheck] バイデン大統領就任後、カリフォルニア州で11歳以上の未成年者との性行為が合法化? 誤った情報が拡散

バイデン大統領の就任後、カリフォルニア州において大人と11歳以上の未成年者との性行為が合法化されたとの情報がツイッター上で拡散した(約1170件のリツイート、約2600件のいいね)。確認したところ、カリフォルニア州では一定の場合に未成年者との性行為が合法となる場合が存在したものの、問題のツイートは誤りだった。(田島輔)...
[FactCheck] ジョージア州選挙集計で不正の「証拠映像」?  外部から票の持込み確認できず

[FactCheck] ジョージア州選挙集計で不正の「証拠映像」? 外部から票の持込み確認できず

アメリカ大統領選挙の投票では民主党のジョー・バイデン元副大統領の勝利が確定的となっているが、ドナルド・トランプ大統領やその陣営関係者らは、選挙に大規模な不正があったという主張を続けている。そんな中、ジョージア州の集計所で不正が行われた証拠と示唆された映像がトランプ支持者らの間で拡散し、日本でも著名人などに取り上げられた...
安倍総理解散会見(Youtube首相官邸アカウントより)

総選挙ファクトチェックの対象を安倍総理の解散記者会見に決定!

安倍総理解散会見(Youtube首相官邸アカウントより) (2017年10月7日) 「ニュースのタネ」は総選挙(2017)のファクトチェックの対象として、9月25日に行われた安倍総理の会見内容を選びました。 これは今回の「ニュースのタネ」のファクトチェックに参加しているメンバーで議論して決めたものです。 以下はその理由...
国会議事堂(衆議院HP)

総選挙ファクトチェックを実施します!

(2017年10月7日) 調査報道NPO「ニュースのタネ」は、今回の総選挙に関する政治家の発言などをファクトチェックします。 これはファクトチェックを広めるために今年6月に発足したFIJ(FactCheck Initiative Japan)の活動の一環として行われるもので、「ニュースのタネ」は、編集長の立岩陽一郎、副...
ファクトチェックのエンマ大王度4

総選挙ファクトチェックはエンマ大王で!

(2017年10月8日) 「ニュースのタネ」は今回のファクトチェックについてレーティングを5段階に分けて評価することにしました。 事実 発言の一部に事実と認めるには不確かな要素がある 発言に根拠は有るものの、その内容は必ずしも事実とは言えない 事実ではない 真っ赤な嘘 それを、嘘をついた人の舌を抜くエンマ大王の顔で示し...
米朝関係を煽る大手メディアの国際報道はフェイクニュースを批判できるのか?

米朝関係を煽る大手メディアの国際報道はフェイクニュースを批判できるのか?

8月31日、トランプ米大統領のツイートの内容が話題となった。TBSなどは、「対話が解決策でない」と語ったと紹介。8月29日の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、トランプ大統領が強硬的な姿勢を示したという解説だ。 しかしツィートの原文は、「Talking is not the answer」だ。「対話は答ではない」とは...
Return Top