インファクト

調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

菅義偉

Tagged
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(下)

総理の挨拶文は広島市に保管されていた。そこには、のりが付着した痕跡も、はがそうとした跡も無かった。「のりが付着してはがれず」という政府の説明はなぜ行われたのか?ジャーナリストは更に取材を進めた。(文・写真/宮崎園子) 保管される総理の挨拶文  今年8月6日朝、広島市であった平和記念式典で、菅義偉首相が挨拶の重要部分を読...
【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

【総理の挨拶文】のり付着の痕跡は無かった(上)

自民党の新総裁に岸田文雄氏が選ばれ、10月4日に開かれる臨時国会で総理大臣に任命されるのが確実となった。菅義偉総理の任期終了が秒読みとなったわけだが、それで全ての問題を忘れるとはならない。その1つが、岸田氏の地盤でもある広島で起きている。あの被爆者を慰霊する式典での挨拶の「読み飛ばし」だ。のりが付着していたから読み飛ば...
[コロナの時代]ファクトチェック: 入院拒否に懲役刑についての菅首相答弁「全国知事会が罰則を求めた」はミスリード

[コロナの時代]ファクトチェック: 入院拒否に懲役刑についての菅首相答弁「全国知事会が罰則を求めた」はミスリード

菅義偉首相が入院拒否患者に対する懲役刑の導入は全国知事会の緊急提言を踏まえた方針だと説明した。たしかに、全国知事会からの緊急提言に罰則の創設を求める提言はあるものの、懲役刑までは言及されておらず、この答弁はミスリードだ。(立岩陽一郎)
【政治と金の研究②】菅総理の不可解なパーティー 

【政治と金の研究②】菅総理の不可解なパーティー 

政権発足から1か月が経った菅義偉総理。その政治資金の流れを見ると、不可解なパーティーの存在が浮かび上がる。それは高級ホテルで格安で開かれるパーティーだ。普通の人が開催するのは「不可能」なパーティーだという。大臣規範には「国民の誤解を招きかねないような」パーティーの自粛が決められているが。(立岩陽一郎) 前回から「横浜政...
【日本学術会議問題】菅首相会見(10月9日)

【日本学術会議問題】菅首相会見(10月9日)

菅首相はグループインタビューで、推薦者をそのまま任命する前例を踏襲して良いのかと考えてきたと改めて述べる一方、推薦段階の候補者リストは見ていないと話した。(インファクト編集部)
【日本学術会議問題】菅首相会見(10月5日)

【日本学術会議問題】菅首相会見(10月5日)

菅首相は内閣記者会インタビューで、日本学術会議からの推薦者をそのまま任命してきた前例を踏襲していいのか考えてきた、と今回の任命に至った経緯について説明した。(インファクト編集部)
Return Top