インファクト

 調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

[新型コロナFactCheck] 「都市封鎖の東京に鹿」 アルジャジーラが誤報

[新型コロナFactCheck] 「都市封鎖の東京に鹿」 アルジャジーラが誤報

国際放送で有名な中東のTVアルジャジーラが、「新型コロナで都市が封鎖される中で動物が無人となった街を席巻している」と題するニュースをFacebook上で流し、その中で東京も鹿に席巻されていると報じた。だが、これは鹿で有名な奈良の映像を使ったもので、誤りだ。(立岩陽一郎)

チェック対象
「新型コロナのロックダウン(都市封鎖)で東京も鹿が席巻している」(“Animals roam empty streets amid coronavirus lockdown”と題された動画に登場する1シーン、冒頭写真)
(アルジャジーラTVがFacebookに2020年4月24日投稿
結論
【誤り】アルジャジーラの鹿の動画には奈良の建物が映っており、Twitterで「#奈良」と投稿された動画と全く同じ動画だった。よって、東京ではなく、奈良で撮影されたものである。

検証

画像はアルジャジーラTVが4月24日にFacebookを通じて報じたものだ。「新型コロナウイルスの感染を避けるために世界でロックダウン(都市封鎖)が行われる中で、動物達が都市にそれぞれの居場所を獲得している」との説明が行われた上で、日本で鹿が群れで街を闊歩している映像が流れ、「東京でも」とのテロップ説明がなされている(冒頭写真)。

これについてツイッター上で、映像は東京では無くて奈良であるとの指摘があった。

果たして映像に写っているのは本当に奈良なのか。映し出されている映像を分析してみた。

まず、27秒あたりの映像を拡大すると、中央部に「らくじクリニック」という看板が見える。電話番号は「0742−26」と読み取れる。

アルジャジーラのFacebook動画を拡大したスクリーンショット

Google Mapにて「らくじクリニック」と検索すると、2件浮上した。奈良県奈良市南新町にある同一の住所で、同クリニックの電話番号は、動画の看板の電話番号と一致した。

奈良で撮影されたTwitter動画を流用

奈良市内の鹿が写っているシーンの右下に注目すると、Twitterのハンドル名(@okadennis)が記載されている。このTwitter投稿のアカウントを遡ると、2020年3月2日に以下のような動画をハッシュタグ「#奈良」をつけて投稿していることがわかった。

Twitter投稿のスクリーンショット

動画は合計19秒ほどの長さであり、アルジャジーラ内で登場するシーンと完全に一致するシーンが確認できる。「らくじクリニック」の看板も確認でき、@okadennis氏の投稿履歴から、3月2日までに奈良県奈良市南新町内にて撮影されたものと言える。

以上の調査から、アルジャジーラは奈良市内で撮影された映像を取り込んで一連のリポートを作成してFacebookに掲載したことがわかる。

奈良は奈良公園の鹿で有名で、鹿が市内を群れで移動していることは広く知られている。また、日本では、3月2日以前は全く制限がされておらず、緊急事態宣言がなされた4月7日以後も、アルジャジーラが報じるようなロックダウン(都市封鎖)は行われていない(別記事も参照)。東京では以前より減ったものの人も車の往来も全く消えたというわけではない。最近、東京に鹿が出没したというニュースや情報も確認できない。

結論

「新型コロナの都市封鎖で東京も鹿が席巻している」とされるアルジャジーラTVの報道は、奈良で撮影された映像を使ったものだ。従って、この報道は誤りだ。

※この記事の調査には、FIJのリサーチャーである段エディ氏が協力した。

INFACTはファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)のメディアパートナーに加盟しています。この記事は、INFACTのファクトチェック基本方針、およびFIJのレーティング基準に基づいて作成しました。FIJ編集委員会でガイドラインを満たすと判断されると、こちらのページにも掲載されます
Return Top