インファクト

 調査報道とファクトチェックで新しいジャーナリズムを創造します

《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.36/2020.6.10)

《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.36/2020.6.10)

インターネット上で話題になった“要注意”情報を、週1回まとめてお届けします。紹介するのは、他のメディアなど第三者が調査・検証したものも含みます。(大船怜ネット上の情報検証まとめ管理人)


(1)「明かりが消され、暗くなったホワイトハウス(画像)」

日付
6/1
発信者
マーティン・ファクラー(ジャーナリスト)
媒体
Twitter
拡散数
4100RT
内容
消灯されているように見えるホワイトハウスの画像とともに、「明かりが消され、暗くなったホワイトハウス。」「窓も真っ黒だから、カーテンも閉まっているみたいだ。」などとする投稿。
引用
【検証】過去の写真を加工したもの

アメリカ・ワシントンのホワイトハウス前で5月31日に大規模なデモが行われた翌日から拡散されたこの画像は、元米大統領選候補者のヒラリー・クリントン氏ら大物政治家や著名人が投稿するなど、現地でも広く拡散されていた。

しかし、画像は2014年に撮られたストックフォト写真を暗く見えるように加工したものと見られる(右端に写る車などが一致)。

デモ当日、AP通信掲載の写真によれば、ホワイトハウスは内部は消灯されたものの、玄関部分外側の明かりは点灯していた。CBSホワイトハウス特派員のマーク・ノウラー氏も同様の写真を投稿している。

ホワイトハウスのホーガン・ギドリー報道官は、ホワイトハウスは以前から毎晩11時に消灯しているとし、消灯は通常通りだと主張。CNNホワイトハウス特派員のケイトラン・コリンズ氏も同様に述べている。また、英紙The Guardianは、当初ホワイトハウスの明かりが消されたのはこれまでに大統領が亡くなった時だけだとしていたが、この記述を削除・訂正している。

詳細はアメリカのファクトチェックサイト「FactCheck.org」やAP通信National Reviewの記事なども参照。


(2)「白人が黒人に暴行され死亡(動画)」

日付
6/4
発信者
一般ユーザー
媒体
Twitter
拡散数
2900RT
内容
「ダラスの商店の一人の白人店長が暴徒化した黒人達に暴行を受け、結果死亡したことはほとんど取り上げられませんね。」などとした動画付きの投稿。
引用

※アカウント名等モザイク処理は筆者による(以下同様)

【検証】被害者は命に別状なし

米TVチャンネルFox Businessの取材に答えた地元警察によれば、動画の中で暴行を受けていた被害者の白人男性は、病院へ運ばれたものの容体は安定した状態にあるという。

後に、この被害者と思われる人物がTwitterで経緯を説明(現在は非公開)。それによれば、彼は商店の店長ではなく、地元のバーが群衆に攻撃されることを恐れ守ろうしていたと語っている。別のアングルからの動画では、彼が長い刃物のようなもの(マチェーテと報じられている)を振りかざし、群衆の一人を追いかける様子が映し出されている。

詳細はアメリカの地方紙Fort Worth Star-Telegramや、ファクトチェックサイト「Truth or Fiction?」の記事を参照。


(3)「黒人男性を逮捕したらFBIだった(動画)」

日付
6/3
発信者
一般ユーザー
媒体
Twitter
拡散数
2.7万RT
内容
日本語字幕をつけた海外の動画を添付し、「黒人逮捕したらFBIだったwwww」などとした投稿。
引用
【検証】1年前の出来事で、FBIではない

この動画が撮影されたミネソタ州ロチェスターの警察は、ネット上の噂に反し、動画に写っている男がFBI捜査官という事実は無いと発表している。警察によれば、男性は強盗の疑いで逮捕状が出ている人物と取り違え一時拘束されたが、身分証により誤りが分かりすぐに開放されたという。

動画は元々Instagramで今年5月31日に投稿されたが、拘束された人物がFBIだとはっきり分かる会話やシーンは無い。日本で拡散された上掲の動画には「まずFBIじゃないでしょ」「俺はそうですけど??」という日本語字幕もあるが、これは誤りと思われる(実際何と言っているかは音声不明瞭のため不明)。

なお、警察発表によればこの出来事は2019年6月のものなので、アメリカ各地で現在起こっている人種差別への抗議活動と直接の関連は無い。Instagramの元の投稿でも1年前の出来事と記されている。

詳細はアメリカのファクトチェックサイト「Snopes」や、ロイター通信の検証を参照。


(4)「大阪市立の中学校の給食(画像)」

日付
6/1
発信者
一般ユーザー
媒体
Twitter
拡散数
4500RT
内容
パンと牛乳の写真とともに「大阪市立の中学校、給食やってます!って大口叩いてるけど中身これやで? いくら無償化やとしてもひどすぎひん?? 」とする投稿。
引用
【検証】感染症予防対策の一時的措置 無償化とは無関係

大阪市が現在、中学校でパンと牛乳のみの給食(日によって副食あり)を提供しているのは事実(参照)。しかし、これは新型コロナウイルス感染予防対策のため6月1日から12日まで行われる分散登校と関連した一時的措置で、通常授業が開始となる6月15日からは通常の献立となる。

大阪市は、新型コロナウイルスの影響から、来年度実施に向けて検討していた学校給食費の無償化を前倒しして、今年度の小・中学校で無償化している(参照)。

パンと牛乳のみの給食は、作り置きを不可とする衛生管理基準との兼ね合いのため取られた措置であり(大阪日日新聞読売テレビを参照)、無償化を直接の理由とするわけではない。


(5)「イケアで偽の整列用矢印で迷路を作った男が逮捕」

日付
6/6
発信者
一般ユーザー
媒体
Twitter
拡散数
4800RT
内容
海外記事のスクリーンショットとともに、「イケアでソーシャルディスタンス用の整列用矢印のニセモノを置いて出口の無い迷路を作った男が逮捕されました」などとする投稿。
引用
【検証】類似の偽ニュースが過去に拡散

この画像は海外で拡散されているものの、出典は不明。このようなニュースは主要メディアでは全く報じられていない。

2018年には「イケアで偽の矢印のシールを置いて出口の無い迷路を作った男が逮捕された」という酷似した話が偽ニュースサイトによって拡散されており(参照)、「ソーシャルディスタンス用の整列用矢印」もこれを焼き直した偽ニュースと思われる。


(6)「無人機の有人機には出来ない機動(動画)」

日付
5/29
発信者
笹本祐一(作家)
媒体
Twitter
拡散数
4200RT
内容
海外ユーザーの動画付き投稿を引用し、「無人機には有人機には出来ない機動が出来る」などとした投稿。
引用
【検証】ラジコン機のシミュレーション映像

元動画の説明に「Filmed action from the Aerofly RC 8 flight simulator.(Aerofly RC 8フライトシミュレーターで撮影したアクション)」とある通り、この動画はラジコン機(RC)のシミュレーション映像で、実写ではない。

ただ、同じ投稿者による実写と思われる別の動画を見るに、本物のラジコン機もこれに近い動きができるようだ。


その他

FIJ(ファクトチェック・イニシアティブ)では新型コロナウイルスに関する情報の検証結果などをまとめた特設サイトを開設。国内外の真偽に疑義のある情報を紹介し、随時更新している。

また過去のまとめでも、新型コロナウイルス関連の様々な誤情報についても検証を紹介している。

 

(過去の回をまとめて見たい方はこちらから。次回は、2020年6月17日の予定です)

 

※この記事の調査には、FIJのリサーチャーである八木風香氏が協力した。

Return Top